RINEARN へようこそ -

RINEARN(リニアン)は、主にデータ解析や可視化、計算処理、その他各種ソフトウェアの開発やウェブサイトの運営などを行っている、個人運営の開発スタジオです。
| 日本語 | English |

インフォメーション

| RINEARN について | お問合せやご相談・ご依頼はこちらへ | お知らせ |


新しいお知らせ

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

>> お知らせ一覧

ソフトウェア

RINEARN では、各種デスクトップOS上でインストール不要で動作し、どこでもすぐに使用可能な、解析ソフトやツール類などを開発しています。 >> 詳細


リニアングラフ3D

3次元グラフソフトです。おそらくRINEARNで最も代表的なソフトです。おかげさまで10周年!

リニアングラフ2D

リニアングラフ3Dと共通の画面デザインを採用した、2次元グラフソフトです。

リニアンプロセッサー

プログラミングによる関数定義や自動処理が可能な関数電卓です。(雑誌・WEBメディア掲載あり)

テクノロジ

プラットフォームに依存しない、データ処理や可視化などのための基盤環境を開発しています。 >> 詳細


VCSSL

簡易計算やデータの可視化などに便利な、C言語系のプログラミング言語です。3DCGを標準サポート。

Vnano(開発中)

一般のソフトウェア上に搭載してスクリプト処理機能を提供する、小型軽量のスクリプトエンジンです。

RINEARN-X

RINEARNのソフトで使用している3D描画エンジンです。公開版は現在更新停止中(将来再整備予定あり)

コードアーカイブ

簡易ツールや、各種アルゴリズムのサンプル、計算・シミュレーションなどのプログラムのコードを、解説記事と共に配信しています。 コードはVCSSL製で、各種PC用OS上でインストール不要で実行できます。 >> 詳細

シンプソン法による数値積分

積分の値を数値的に求めます。台形法よりも高精度な方法として、被積分関数を微小区間内で二次関数近似して求めた面積を足しあげる、シンプソン法を使用します。
条件を満たす色を透明にする簡易ツール

画像ファイルを開き、指定された条件を満たす色を透明に置き換えて保存する簡易ツールです。
特定の色を透明にする簡易ツール

画像ファイルを開き、特定の色を透明に置き換えて保存する簡易ツールです。
台形法(台形近似)による数値積分

積分の値を数値的に求めます。長方形近似よりも高精度な方法として、台形で近似した微小領域を足しあげる方法を使用します。
短冊法(長方形近似)による数値積分

積分の値を数値的に求めます。長方形の短冊で近似した微小領域を足しあげる、最も単純な方法を使用します。
小数(浮動小数点数)から分数へ近似的に変換するツール

小数(浮動小数点数)を、適当な誤差の範囲内で、近い分数に変換してくれるツールプログラムです。
ユーザーが入力した数式を2次元グラフにプロットする

実行時にユーザーが入力した数式の値を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
配列を3次元グラフにプロットする

座標値配列の内容を、3次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
配列を2次元グラフにプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを3次元グラフにプロットする

座標値ファイルの内容を、3次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

オープンソースの小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano (VCSSL-nano) 」のコンセプト
2018年06月02日 - RINEARNでは現在、 ソフトウェア上に搭載してスクリプト処理機能を提供するための、小型・軽量のスクリプトエンジン「 Vnano 」の開発が進行中です。オープンソースで2018年内公開を見込んでいます。

ここが変わった! サイト改修完了のお知らせ
2018年05月12日 - 2017-2018年にかけて実施したサイト改修の内容をお伝えします。レスポンシブ化やHTTPS化、VCSSL関連カテゴリーの整理、リニアングラフ3D簡易利用版の公開に加えて、一部コンテンツの英訳も開始しました。

公式Twitterアカウント