第一章の流れ
< 前へ [ トップへ ] 次へ >

 第1章では、立体モデルの宣言と配置、平行移動、回転など、3Dグラフィックスの「形」を造るための操作を扱います。
 これらは3Dプログラミングにおいて非常に基礎的な事項ですが、同時に非常に実用性の高い事項でもあります。第1章の内容を習得した時点で、ユーザーは結晶格子構造の可視化や3Dグラフの表示など、一般的な用途のかなりの部分をこなせるようになっているでしょう。もちろん、さらに高度な内容、例えば大地をキャラクターが歩き回る世界などの、複雑な動作を伴う表現を必要とするなら、第2章で座標系の扱いを習得しなければなりません。しかしながら、最初に述べたような一般的な用途では、この1章で扱う内容で十分にこなせるでしょう。

それでは、次ページからいよいよ
RINEARN-X 3Dの開発をスタートしてみましょう!


< 前へ [ トップへ ] 次へ >
この階層の目次
お知らせ

Vnanoのソースコードと開発リポジトリをGitHubで公開
2018年09月30日 - 現在開発中の、ソフトウェア上でのスクリプト処理用途に向けた小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano 」のソースコード&リポジトリを公開しました。ビルド・使用方法や、現状の段階と今後などを解説します。

リニアングラフ3D&2D Ver.5.6 リリース! Java言語のプログラムからも制御可能に
2018年08月19日 - 約5年ぶりの大きなバージョンアップを迎えた、新しいリニアングラフ Ver.5.6の特徴をご紹介します。UIがリファインされ、Java言語でグラフ描画ライブラリとして使う事も可能になりました。

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

コードアーカイブ新着
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
2018年11月14日
配列を2Dグラフにアニメーションプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
2018年11月13日
配列を3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
2018年11月12日
ファイルを3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
2018年11月11日
連番画像をアニメーション再生する簡易ツール

フォルダ内の連番画像ファイルを、動画への変換不要で、そのままアニメーションとして再生できる簡易ツールです。
2018年09月04日
公式Twitterアカウント