立体モデルの開発
< 前へ [ トップへ ] 次へ >

 これまでは、RINEARN-X 3Dに標準収録された立体モデルを利用してきました。しかし時にはより特殊な形状の立体モデルを必要とする場合もあるでしょう。そのような場合には自分でポリゴン集合を定義し、オリジナル形状の立体モデルを開発する必要があります。ここでは、立体モデルの開発方法を紹介します。


 開発作業

・立体モデルはポリゴンの集合

 既に述べたように、立体モデルは多数のポリゴンの集合で表現されています。このポリゴン集合は Model3DEG クラス中に element という名称のフィールドに定義されています。フィールドの型はポリゴンクラス型( Element3DEG型 )であり、四角形ポリゴンである QuadrangleElement3DEG クラスをはじめ全てのポリゴンクラスを代入できます。立体モデルのモデリング作業は非常に簡単で、Model3DEGクラスを継承してこの element という配列にポリゴンを代入していけば良いだけです。たったそれだけで、立体モデルの色設定や材質設定、平行移動や回転などの便利なメソッドが利用可能になります。


 開発する

 それでは例として、6面がカラフルに彩られた立方体モデルを開発してみましょう。ここで各面の頂点座標値を素直に求めるのでは無く、ポリゴンクラス付属の平行移動や回転機能を活用すると作業が大変容易になります。


import rxvesapi.system3d.geometry.*;
import rxvesapi.system3d.renderer.*;
import rxvesapi.system3d.model.*;

import java.awt.Color;


public class ColorBox extends Model3DEG{


  public ColorBox(){



    this.element = new QuadrangleElement3DEG[6];


    element[0] = new QuadrangleElement3DEG(
      0.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 1.0, 0.0,
      0.0, 1.0, 0.0,
      Color.blue
    );
    element[0].move( -0.5, -0.5, 0.5);


    element[1] = new QuadrangleElement3DEG(
      0.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 1.0, 0.0,
      0.0, 1.0, 0.0,
      Color.red
    );
    element[1].move( -0.5, -0.5, 0.5);
    element[1].rotX( Math.PI );


    element[2] = new QuadrangleElement3DEG(
      0.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 1.0, 0.0,
      0.0, 1.0, 0.0,
      Color.green
    );
    element[2].move( -0.5, -0.5, 0.5);
    element[2].rotX( Math.PI*0.5 );


    element[3] = new QuadrangleElement3DEG(
      0.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 1.0, 0.0,
      0.0, 1.0, 0.0,
      Color.cyan
    );
    element[3].move( -0.5, -0.5, 0.5);
    element[3].rotX( -Math.PI*0.5 );


    element[4] = new QuadrangleElement3DEG(
      0.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 1.0, 0.0,
      0.0, 1.0, 0.0,
      Color.yellow
    );
    element[4].move( -0.5, -0.5, 0.5);
    element[4].rotY( Math.PI*0.5 );


    element[5] = new QuadrangleElement3DEG(
      0.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 0.0, 0.0,
      1.0, 1.0, 0.0,
      0.0, 1.0, 0.0,
      Color.magenta
    );
    element[5].move( -0.5, -0.5, 0.5);
    element[5].rotY( -Math.PI*0.5 );


  }
}


 それでは、このモデルを Test.JAVA から呼び出し、配置してみましょう。


import rxvesapi.system3d.geometry.*;
import rxvesapi.system3d.renderer.*;
import rxvesapi.system3d.model.*;

import java.awt.Color;


public class Test{

  public static void main(String[] args){

    /*3D仮想空間*/
    Realtime3DFrame frame = new Realtime3DFrame();


    /*自作モデル*/
    ColorBox box = new ColorBox();
    frame.add(box);


  }
}



▼実行結果

< 前へ [ トップへ ] 次へ >

この階層の目次
新しいお知らせ

リニアングラフ3DのVCSSL用APIにカメラ制御関数を追加、回転アニメーションツールも同梱
2019年10月09日 - RINEARNでは10月9日にソフトウェアの最新版をリリースしました。VCSSLのAPI関数の追加や、リニアングラフ3Dのアニメーションツールの追加など行っています。その概要をお知らせします。

小型関数電卓 RINPn(旧称リニアンプロセッサー nano)の公式ページを開設
2019年10月02日 - 現在オープンソースで開発中の、「シンプル&コンパクト」を目指した小型プログラマブル関数電卓ソフト「 RINPn 」の公式ページが、RINEARNサイト内にオープンしました。その概要をお知らせします。

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

コードアーカイブ新着
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
公式Twitterアカウント