[ 前へ | 目次 | 次へ ]

座標値ファイル書式

ここでは、リニアングラフ2Dで読み込み可能なファイルの書式(記述方法)について説明します。ここでの書式に基づいて座標値ファイルを作成してください。

CSVファイルとTSVファイル

グラフ用の座標値ファイルには、座標値を並べた数列を記述します。このように数列をファイルに記述するには、主にCSVとTSVという2つのファイル形式があります※。

CSV形式
データを「,(カンマ)」で区切って並べるファイル形式です。一般にcsvという拡張子が付きます。
TSV形式
データをタブ文字(タブ空白)で区切って並べるファイル形式です。拡張子は様々なケースがあります。

グラフ作成において、CSVは表計算ソフトで作成するデータなどでよく使用され、 TSVはプログラミングなどで作成するデータなどでよく使用されます。リニアングラフ2Dでは、CSVとTSVの両方に対応しています。

※ なお、厳密なTSV形式では数値をタブ文字のみで区切りますが、 数値ファイルではタブ文字と半角空白が混在していたり、逆に半角空白のみで区切ったり(いわゆるSSV)、 空白スペースを並べてタブのように整形したファイルもよく存在します。 以下では、簡単のためにそれらを区別せず一緒に扱います(全てリニアングラフ2Dで対応しています)。

マトリックス書式

CSV/TSVといった区切り文字の書式の他にも、グラフ用のデータには「数列をどう並べるか」といった点について、複数の書式が存在します。 リニアングラフ2Dでは、一般的に広く使用されている「マトリックス書式」及び「2カラム書式」に対応しています。ここではまず、前者について解説します。

マトリックス書式とは

「マトリックス書式」とは、最も左側の1列目にX値数列を、そして2列目以降にY値数列を記載していく書式です。 一つの列で一つの系列を表現します。マトリックス書式は、表計算ソフトなどで簡単に作成可能というメリットがあります。 以下に、表計算ソフトでマトリックス書式のファイルを作成する手順を例示します。

表計算ソフトでの作成例

まず表計算ソフトウェアを起動し、 最も左側の列にX値を記述し、それより右の各列に各系列のY値を記述します。 必要であれば、最も上の行に系列名称を記述する事も可能です(省略可)。

上図において、赤い行が系列名称、青い列がX値、そして緑の領域が各系列の(その行のXにおける)Y値を意味します。 上図のように記述し、ファイルをCSV(カンマ区切り)形式で保存してください (タブ区切りのTSV形式で保存しても問題はありませんが、この書式ではCSVを推奨します)。 作成されたCSVファイルは、リニアングラフ2Dで読み込む事ができ、全てのプロットオプションが使用可能です。

2カラム書式

2カラム書式とは

表計算ソフトにおいてマトリックス書式がよく使用されるのに対して、プログラミング言語を用いた分野では、2カラム書式がよく使用されます。 2カラム書式はファイル各行に左からX、Yと記載し、1行につき1個の座標点を表現する書式です。

この書式は、プログラミングにより非常に効率的に作成できる事がメリットとして挙げられます。

2カラム書式の例(タブ区切り):
X1     Y1
X2     Y2
X3     Y3
…     …
X100     Y100

複数系列の表現

2カラム形式では、空白行を挟む事により、複数のデータを一枚のファイルに記載する事が容易にできます。 座標値ファイル中に空白改行があると、そこが系列の区切りと見なされ、それ以降の座標値データは別系列のグラフのものとして読み込まれます。 系列はいくつでも使用可能です。

アニメーションモードでは、複数系列のグラフを時系列と見なして再生します。 つまり各時刻ごとに対応する系列のグラフがのみ描画されます。 例えば系列が101個あるデータなら、時刻0には第0系列のみが、時刻1には第1系列のみが…といった具合で時刻100まで順々に描画されます。



スポンサーリンク



この階層の目次
新しいお知らせ

リニアングラフ3DやVCSSLなどの各ソフトウェア最新版をリリース
2020年09月21日 - 諸事情によりお知らせが遅くなってしまいましたが、RINEARNでは先月(8月)中旬に、リニアングラフ3DやVCSSLなど、各ソフトウェアの最新版をリリースしました。主な更新内容をリストアップしてお知らせいたします。

新年のご挨拶
2020年01月14日 - 遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げます。本年もRINEARNをどうぞよろしくお願い申し上げます。

リニアングラフ3DのVCSSL用APIにカメラ制御関数を追加、回転アニメーションツールも同梱
2019年10月09日 - RINEARNでは10月9日にソフトウェアの最新版をリリースしました。VCSSLのAPI関数の追加や、リニアングラフ3Dのアニメーションツールの追加など行っています。その概要をお知らせします。

コードアーカイブ新着
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
公式Twitterアカウント