[ 前へ | 目次 | 次へ ]

VCSSLによる制御・自動処理

リニアングラフ2Dは、プログラミング言語VCSSLによる制御をサポートしています。 うまく活用すると、連番ファイルを自動処理でプロットさせたり、読み込んだデータを変換(加工)してプロットさせる事などができます。

VCSSLについて

VCSSLは、日常計算から3次元コンピューターグラフィックスまでを幅広くカバーするプログラミング言語です。C言語系のシンプルな文法を採用しており、容易に習得する事ができます。

プログラミング言語 VCSSL 公式サイト
https://www.vcssl.org/ja-jp/
ダウンロードページ
https://www.vcssl.org/ja-jp/download/

VCSSLのランタイムは、リニアングラフ2Dに同梱されており、リニアングラフ2Dの「 プログラム / Program 」メニューから手軽に利用する事ができます。

プログラムの作成と実行

VCSSLはスクリプト言語なので、プログラムは一般のテキストエディタで記述し、拡張子「.vcssl」を付けて保存するだけで作成できます。 作ったプログラムは、リニアングラフ2Dのメニューバーにある、「 プログラム / Program 」 メニューから選択実行できます。

なお、便利なプログラムを作成した場合、「 RinearnGraph2DProgram 」フォルダに入れておくと、 「 プログラム / Program 」メニューに表示され、すぐに実行できるようになります。

Graph2D API について

VCSSLからリニアングラフ2Dを制御するには、tool.Graph2D APIを使用します。 ここではGraph2D APIの一部の機能のみを使用します。全機能を参照するには、下記URLをご参照ください。

tool.Graph2D API 詳細仕様
https://www.vcssl.org/ja-jp/lib/tool/Graph2D

プログラム例

ファイルをプロットする

以下は座標値データファイル「 test.tsv 」をプロットする、最も単純なプログラムです。 なお、「//」で始まる行はコメントであり、処理の際には読み飛ばされます。

線プロットオプションを設定する

続いて、点プロットオプションを無効にし、線プロットオプションのみを有効にするプログラムです。

グラフを画像ファイルに出力する

以下はグラフを画像ファイル「test.png」に出力するプログラムです。

連番の座標値データファイルを次々とプロットし、連番の画像ファイルに出力する

続いて応用です。VCSSLプログラムから見て「test」フォルダの中にある、連番の座標値データファイル「test0.tsv」〜「test100.tsv」を次々とプロットし、 画像ファイル「test0.png」〜「test100.png」に出力していくプログラムです。

座標値データファイルを読み込み、値を変換してプロットする

最後に、座標値データファイル「test.tsv」を読み込み、Y値をsin( Y値 )に変換した上でプロットするプログラムです。最初に、「test.tsv」が空白改行を含む場合を扱います。

上述のプログラムは、文字列の結合処理を伴うために低速です。test.tsvが空白改行を含まない場合は、以下のように数値の配列を直接リニアングラフ2Dへ転送する方が、はるかに高速です。

今度の処理は非常に高速で、起動とほぼ同時に変換が完了します。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
新しいお知らせ

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

シンプル&コンパクトなプログラム関数電卓! 「 リニアンプロセッサー nano 」の概要
2019年01月26日 - RINEARNでは現在、プログラム関数電卓ソフト「 リニアンプロセッサー 」の派生版として、シンプル&コンパクトな方向性を目指した「 リニアンプロセッサー nano 」を開発中です。その概要をご紹介します。

コードアーカイブ新着
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月20日
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月19日
公式Twitterアカウント

スポンサーリンク