INFO - インフォメーション

ここでは、RINEARNに関する基本情報、ソフトウェアの開発&リリース情報、および各種お知らせ等を掲載しています。

理念

- 障壁の無い解析環境を -


RINEARNでは、主にデータ解析や可視化、数値計算、シミュレーションなどの分野に向けて、「 障壁の無い解析環境 」 の実現を理念とし、各種解析ソフトウェアや基盤環境を開発しています。

特殊な環境と「障壁」

上記のような分野は、末端の解析ソフトウェアからオペレーティングシステムまで、特殊な環境が使用される傾向の強い分野です。

具体的には、特殊な環境の構築が行われたマシン上で、それを操作するスキルを持った技術者・研究者が、専門的な解析作業などを行います。

このような形態は、専門性が高く複雑な解析を行う上では、確かに有利な点が数多くあります。しかし、そこまでの専門性が要求されない場合や、ライトユーザー及び初学者にとっては、こうした特殊な環境の必要性は「障壁」となります。

例えば…

例えば、ライトユーザーや初学者が、簡単な計算やデータ解析を行いたい場合であっても、まず特殊な環境の構築作業や、その操作方法の習得から始めないといけなかったり、その段階で挫折してしまったりする事も多いでしょう。

また、熟練者であったとしても、PCを買い換える度に1日がかりで環境構築作業を行わないといけなかったり、各種の依存性や競合問題を解決するために徹夜作業となったりする事もしばしばあります。

障壁の無い解析環境を

RINEARNが目指しているのは、こうした「障壁」の無い解析環境の実現です。

具体的には、一般的な各種OSを対象として、インストール不要でどこでも動作し、誰でも簡単に扱えて、かつ実用レベルの機能・性能を備える解析環境の整備を目指しています。

例えば、解析環境を全部USBメモリーに入れて どこでも使えたら、もしくは、PCを買い換えても ずっと変わらず使えたなら、どんなに楽で便利でしょう。

RINEARNでは、そんな障壁の無い解析環境の実現を目指し、末端のソフトウェアから基盤環境までの開発を行っています。

この階層の目次
お知らせ

Vnanoのソースコードと開発リポジトリをGitHubで公開
2018年09月30日 - 現在開発中の、ソフトウェア上でのスクリプト処理用途に向けた小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano 」のソースコード&リポジトリを公開しました。ビルド・使用方法や、現状の段階と今後などを解説します。

リニアングラフ3D&2D Ver.5.6 リリース! Java言語のプログラムからも制御可能に
2018年08月19日 - 約5年ぶりの大きなバージョンアップを迎えた、新しいリニアングラフ Ver.5.6の特徴をご紹介します。UIがリファインされ、Java言語でグラフ描画ライブラリとして使う事も可能になりました。

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

コードアーカイブ新着
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
2018年11月14日
配列を2Dグラフにアニメーションプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
2018年11月13日
配列を3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
2018年11月12日
ファイルを3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
2018年11月11日
連番画像をアニメーション再生する簡易ツール

フォルダ内の連番画像ファイルを、動画への変換不要で、そのままアニメーションとして再生できる簡易ツールです。
2018年09月04日
公式Twitterアカウント