[ 前へ | 目次 | 次へ ]

数式を計算する

ここでは、電卓としての最も基本的な機能である、数式の計算を行ってみましょう。画面デザインや使い方は非常にシンプルで、基本的に普通の電卓と変わりません。


起動時の画面

それではまず、リニアンプロセッサーを起動してください。すると、下図のような画面が表示されます。

リニアンプロセッサー起動時の画面

上図のように、起動時のデザインは、スタンダードな普通の電卓と全く変わりません。実際、基本的な使い方も、普通の電卓と同じです。 なお、数式を入力する「 NPUT 」エリアの文字サイズは、「Ctrl」+「U」キーで大きく、「Ctrl」+「D」キーで小さく調整できます。

とりあえず計算してみる

それでは、実際に簡単な数式を計算してみましょう。上図で(ここに入力)と記載されている「 INPUT 」エリアに、以下の数式を入力してください。

- INPUT -

1 + 2 * ( 3 - 4 / 5 )

数字や記号の入力は、もちろん画面に並んでいるボタンを押してもいいですし、キーボードから直接入力する事もできます。

数式を入力できたら、青色の「 = 」ボタンを押してください。すると、上図で(ここに出力)と記載されている「 OUTPUT 」エリアに、下記の計算結果が表示されます( 下図参照 )。

- OUTPUT -

5.400000000


実行結果の画面

ところで、「 = 」ボタンを押すと同時に、画面が横に拡がり、黒いエリアが表示されました。これは「 CONSOLE ( コンソール ) 」エリアと言うもので、計算の途中式や、エラーメッセージなどが表示される領域です。実際、今回の計算では、以下のような途中式が表示されたはずです。

- CONSOLE -

1.0+2.0*(3.0-4.0/5.0)
1.0+2.0*(3.0-[ 4.0/5.0 = 0.8 ])
1.0+2.0*([ 3.0-0.8 = 2.2 ])
1.0+2.0*(2.2)
1.0+[ 2.0*2.2 = 4.4 ]
[ 1.0+4.4 = 5.4 ]
5.4

サポートされている演算と優先度

リニアンプロセッサーでは、下記の演算をサポートしています。

演算の記号(演算子)演算の内容
+加算(たし算)
-減算(引き算)
*乗算(かけ算)
/除算(割り算)
%剰余算(余り)
**べき乗算(指数)

演算は、優先度の高いものから先に処理されます。優先度は、以下の順になっています。

- 優先度 -

べき乗算 > 乗算 = 除算 = 剰余算 > 加算 = 減算

例えば、乗算(かけ算)は加算(たし算)よりも先に処理されます。なお、同じ優先度の演算が並んでいる場合は、左から順に処理されます。

関数を使う

今度は、sinやcosなど、リニアンプロセッサーに最初から用意されている、関数を使って計算してみましょう。先と同様に、以下の数式を計算してみてください。

- INPUT -

sin( 1 / 2 ) + cos( 3 / 4 )

この「sin」や「cos」という文字列は、キーボードから直接入力してもいいですが、画面左下にあるリストから選択すると、自動で入力されます。(下図参照)

関数は、画面左下のリストから選択入力できる

この計算の結果は以下のようになります。

- OUTPUT -

1.211114407

そしてCONSOLEエリアには、以下の途中式が表示されます。

- CONSOLE -

sin(1.0/2.0)+cos(3.0/4.0)
sin([ 1.0/2.0 = 0.5 ])+cos([ 3.0/4.0 = 0.75 ])
[ sin(0.5) = 0.479425538604203 ]+[ cos(0.75) = 0.7316888688738209 ]
[ 0.479425538604203+0.7316888688738209 = 1.211114407478024 ]
1.211114407478024

結果を記憶する ― メモリー機能

本章の最後に、計算結果や数式を記憶する、メモリー機能を使ってみましょう。リニアンプロセッサーのメモリー機能は、いくつでも無制限に記憶でき、さらに再起動後も内容が保持されるなど、とても強力です。

メモリー機能は、画面下部のパネルから使用します。(下図参照)

画面下部、メモリー機能の制御パネル

上下2つの段がありますが、上段がINPUTエリアの内容を記憶するメモリー、下段がOUTPUTエリアの内容を記憶するメモリーとなっています。各機能は以下の通りです。

- メモリー機能 -

「 M 」ボタン ― 現在のINPUT/OUTPUTエリアの内容を記憶します。記憶内容は「 MR 」ボタンの横にあるリストに追加されます。

「 MR 」ボタン ― を押すと、横のリストで選択されている値が、INPUTエリアに入力されます。

「 MC 」ボタン ― を押すと、リストに記憶されている値が全てクリアされます。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
新しいお知らせ

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

シンプル&コンパクトなプログラム関数電卓! 「 リニアンプロセッサー nano 」の概要
2019年01月26日 - RINEARNでは現在、プログラム関数電卓ソフト「 リニアンプロセッサー 」の派生版として、シンプル&コンパクトな方向性を目指した「 リニアンプロセッサー nano 」を開発中です。その概要をご紹介します。

コードアーカイブ新着
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月20日
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月19日
公式Twitterアカウント

スポンサーリンク