[ 前へ | 目次 | 次へ ]

はじめに

リニアンプロセッサーとは

リニアンプロセッサー(RINEARN Processor)は、 途中式表示やグラフ描画機能をはじめ、プログラミングでの関数自作や自動処理などにも対応した、 各種OS対応・無料の高機能な関数電卓ソフトです。

インストール不要で利用でき、USBメモリーなどで持ち運んでの利用も可能です。

ソフトウェアの利用ライセンスなどに関して

リニアンプロセッサーは、商用・非商用問わず、どなたでも無償で利用できます。

ただし現時点のライセンスでは、特別に許諾された場合を除いて、ソフトウェア本体の不特定多数への再配布などは認められていないため、ご注意ください (後述の通り、リニアンプロセッサーで作成したグラフ画像やプログラムは自由に配布可能です)。

リニアンプロセッサーによる作成物の、権利と免責事項などに関して

リニアンプロセッサー開発元は、ユーザーがリニアンプロセッサーを使用して作成した数値、 グラフ画像、データ、プログラムなどに関して一切の権利を主張しません。また、それら作成物に関する一切の責任も負担しません。 それら作成物の著作権と責任は完全にユーザーに帰属します。

例えば、リニアンプロセッサーで描画・保存したグラフ画像の著作権は、その作成者に完全に帰属し、 作成者の判断でご自由にご使用頂けます。報告やクレジット表記などは一切不要です (※ただし、使用するフォントの著作権にはご注意ください)。

グラフ画面の画質が粗い場合は…

リニアンプロセッサーでグラフを描画した際、環境によっては、ウィンドウ上に表示されるグラフの文字や線の境界などが、 ギザギザが目立つ印象で粗く表示される場合があります(例:下図)。

拡大率125%時の図

※ 分かりやすくするため、実際の画面上での大きさよりも引き延ばして表示しています。

これは、ご使用のPCにおいて、ディスプレイに内容を拡大して表示する設定になっている際などに生じます。 この設定は、例えば Microsoft® Windows® をご使用の場合、デスクトップを右クリックして「 ディスプレイ設定 」などから拡大率の設定を確認・変更できます。

※ OS側のこの機能に問題があるわけでは全くなく、ソフトウェア側を含めた色々な事情でやむを得ない現象です。

ディスプレイの拡大率がちょうど100%でない場合、上のように文字や線の境界が粗く表示される事があります。 100%に設定した際の画質は下図の通りです(これが本来の画質です):

拡大率100%時の図

※ 分かりやすくするため、実際の画面上での大きさよりも引き延ばして表示しています。

ただし、画質が粗くなるのは、あくまでもウィンドウ上での見かけだけであって、グラフ画像をファイルに保存したり、 右クリックでコピーしたりする際の画質には全く影響しません(100%表示時と同じ画質になります)。 そのため、見づらくて作業が難しいレベルでなければ、無理にディスプレイの拡大率を100%にして使用する必要はありません。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
新しいお知らせ

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

コードアーカイブ新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
公式Twitterアカウント

スポンサーリンク