代表ご挨拶: 松井文宏

※ 意外と多い名前のようで、昔からWeb上で同姓同名の方々の情報が多数あるのですが、ほぼ別の人です。ソフトウェア/プログラミング系のサイトや記事、物理分野の過去の論文(医学系は別人)、及びTwitterアカウントは私のものですが、それ以外は全て別の人のものです。


はじめまして。RINEARN (リニアン) 代表の松井です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

この度は、RINEARNのウェブサイトにご訪問いただきありがとうございます。 RINEARNは、私が個人で運営している開発スタジオです。

RINEARN へようこそ

まずは私自身の自己紹介も兼ねて、RINEARNの開設からこれまでの経緯などを簡単にご紹介させてください。

RINEARNや公開ソフト、活動経緯などについて

もしかすると、というよりも恐らく多くの方は、RINEARNで制作・公開しているフリーソフトやプログラムなどをきっかけに、こちらにお越しいただいたかもしれません。 実はこのサイトはもともと、私が学生時代に、そういった制作物を配布するための「 置き場 」として開設したものでした。かれこれ、もう10年以上前の事になります。

当時の私は大学で物理を専攻していて、数値計算やデータ解析などを行う機会が頻繁にありました。 私はプログラミングが趣味でもあったため、それらの作業がとても好きだったのですが、 そのうちに解析ソフトなどを自作するようになり、せっかく作ったので公開も行うようになりました。
(この辺りのいきさつは、Vectorソフトニュース様に取り上げていただいた際の「ソフト作者からひとこと」の欄なども、よろしければご参照ください。)

また、それだけではサイトが寂しいので、ちょっとした計算や可視化などの簡易プログラムやサンプルコードを、ブログのような感覚で掲載したりもするようになりました。

最初は単に趣味の制作物を色々置いているホームページという感覚でしたが、 それらのいくつかには隙間的な需要があったようで、思っていた以上に色々な所で使って頂けたり、ユーザーの方から暖かいお声を頂いたり、 また、サイトやソフトがきっかけで意外な接点や交流ができたりなど、そういった事がとても嬉しくて、徐々に本腰を入れて開発や更新を行うようになっていきました。

そうこうしているうちに10年ほどが過ぎ、私も学生ではなくお仕事でプログラムを書くようになっていたのですが、 あるタイミングで、開発等のお仕事をお受けする個人事業主のスタジオとして開業する事になりました。 その頃には、長く続けてきたこのサイトやここでの制作活動が、私の心の中でそれなりに大きなウェイトを占めるようにもなっていたため、 制作活動で使っていた名前の「 RINEARN 」を事業主の正式な屋号として、このサイトもその公式サイトとして引き継いで開業しました。 2018年の事で、これが現在のRINEARNです。

事業化した現在も、RINEARNの発端である解析系フリーソフトや各種プログラム類の制作と公開などは、貢献活動の一環という扱いで続けています。 そして今後も、可能な限り続けていきたいと思っています。 これは何よりも私自身が、学生時代から現在まで多くの解析/計算系のフリーソフトやライブラリ、サンプルコード等にお世話になった(なっている)ためで、 その微力ながらの恩返しとして、少しでも皆様のお役に立てますと幸いです。

お仕事について(事業内容)

現在のRINEARNでは、開発スタジオやフリーランスエンジニアとして、お仕事のご依頼なども承っております。 下記の例のような開発系業務がメインですが、個人運営につき、私自身に可能な内容であれば、比較的自由にご対応可能です。 メールフォームにて御気軽にお尋ねください。

事業内容

お仕事の内容の例です。契約形態はそれぞれ準委任または請負で、細かい条件等はご相談の上で調整可能です。

ソフトウェア受託開発
新規ソフトウェアの開発や、下請けとしてソフトウェアの一部の開発などをお受けしております。
各種業務代行/補助
ご依頼者様の開発/解析作業や、その他の業務作業等の一部を代行/補助(準委任)いたします。(いわゆる助っ人業務です。)
既存ソフトウェアのカスタマイズ/サポート
上記の一環で、ご依頼者様の既存コードの改修/拡張等も、可能な範囲でご対応いたします(可否は内容等によります)。また、特殊な用途へのソフトのご導入サポートや付帯開発作業等もお受けいたします。

資格/技能など

応用情報技術者
試験年度は2018年で、選択科目は「情報セキュリティ、プログラミング、システムアーキテクチャ、組み込みシステム開発、情報システム開発」でした。
博士(理学)
過去に物理の分野で、計算機上で量子系のシミュレーション、複素行列計算、およびデータの固有値/固有ベクトル解析、統計解析等を行っていました。
対応可能言語など(使用頻度順)
Java、C言語/C++、Python、JavaScript + HTML/CSS、Fortran、PHP、その他
対応可能技術の例(順不同)
LAPACK、FFTW、SIMD命令、OpenMP、OpenGL、OpenCV、GUI関連、NumPy、pandas、その他必要に応じて色々ご対応いたします。

その他、ご連絡先やお知らせ、SNSなど

ご連絡先、SNSでのお知らせ配信アカウントなど

メールおよびWebフォーム
上記リンク先ページに、お問合せ用のWeb入力フォームを設置しております。また、メールアドレスも記載しています。何かございましたら、どうぞ御気軽にお問合せください。
お知らせ配信用 RINEARN公式Twitterアカウント
RINEARNの公式Twitterアカウントです。各種のお知らせ情報等を配信しています。 リプライ(返信)やダイレクトメッセージ機能にて、ご質問等も受け付けております。

この階層の目次
新しいお知らせ

Vnanoがオープンベータ版に移行、VCSSLの実行環境で標準で実行可能に
2021年04月07日 - ソフト内組み込み用スクリプトエンジン&言語「 Vnano 」がオープンベータ版に移行し、併せて、VCSSLの実行環境でもVnanoコードの実行が可能になりました。詳細をお知らせします。

リニアングラフの最新版をリリース、2D版でも描画エンジンの直接操作が可能に
2021年04月03日 - リニアングラフ2D/3Dの最新版をリリースしました。それぞれのアップデート内容をお知らせします。今回から、2D版でもJava言語APIによる描画エンジンの直接操作が可能になりました。

RINPn のオープンベータ版をリリース! 詳細な公式ガイドも同梱&公開
2021年03月08日 - 2019年より開発進行中のプログラム関数電卓「 RINPn(りんぷん)」が、正式リリースに向けた最終準備段階として、オープンベータ版へと移行しました。その詳細をお知らせします。

コードアーカイブ新着
[公式ガイドサンプル] 引き算の結果を画面に表示する

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。引き算を行って、結果を画面に表示します。
2021年07月08日
[公式ガイドサンプル] 式を複数行にわたって書く

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。足し算を行う式を、複数行にわたって記述します。
2021年07月07日
[公式ガイドサンプル] 足し算の結果を画面に表示する

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。足し算の結果を求めて、画面に表示します。
2021年07月06日
Vnano版 | ローレンツ方程式を数値的に解くプログラム

ローレンツ方程式を4次ルンゲ=クッタ法によって解き、グラフ描画用のデータを出力するプログラムです。
2021年02月12日
Vnano版 | 積分値のグラフ描画用データを出力するプログラム

数値的に積分を行い、結果の関数をグラフに描くためのデータを出力するコードです。
2020年12月20日
新着・お知らせ配信用Twitter