[ 前へ | 目次 | 次へ ]

起動方法

まずは、リニアンプロセッサーを起動してみましょう。リニアンプロセッサーは、各種オペレーティングシステムにおいて、ダウンロードしてすぐに起動できます( インストール不要 )。


なるべく新しいJava(R)プラグインをご利用ください

リニアンプロセッサーを正しく動作させるには、最新バージョンのJavaプラグインの利用が推奨されます。最初に下記URLにアクセスし、Javaプラグインを最新版へアップデートしてください。

http://www.java.com/ja/

配布ファイルの解凍と設置

まず、入手したリニアンプロセッサーの配布ファイル( ZIP形式 )を解凍し、それをフォルダごと、そのまま適当な場所に設置してください。なお解凍方法は、配布ファイルを右クリックして「 ここに展開 」などを選択してください。

とりあえず起動してみる ( 各種オペレーティングシステム共通 )

リニアンプロセッサーは、各種オペレーティングシステムにおいて、ダウンロードしてすぐに起動できます。それでは、とりあえず起動してみましょう。

解凍したフォルダ内の、さらに「 bin 」フォルダ内にある、

「 RinearnProcessor.jar ( JARファイル ) 」

ダブルクリックしてください。するとリニアンプロセッサーが起動します。 あとは、デスクトップなどにショートカットを設置しておくと便利です。

Windows(R)における高度な起動

なお、メモリーを多く割り当てたい場合や、任意の拡張子のファイルをダブルクリックするとリニアンプロセッサーで開きたい場合などは、解凍したフォルダ内にある、

「 RinearnProcessor_4.*.*.bat ( コマンドライン バッチファイル ) 」

のほうも利用できます。しかし、この場合は背景にコマンド入出力ウィンドウが表示され、少し邪魔になります。

特定の拡張子( .vcsslなど )のファイルを、リニアンプロセッサーで開くように設定するには、まずそのファイルを右クリックし、「 プログラムから開く 」を選択してください。そして、上記の「 RinearnProcessor_4.*.*.bat 」を指定し、「 この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う 」の項目を有効にして、「 OK 」を押すと完了します。

Windows以外における高度な起動

Windows以外でも、bashシェルを利用可能な環境では、シェルのどこからでもコマンドでリニアンプロセッサーを起動可能にでき、ファイルも開けるように設定できます。常用する場合は、設定しておくと便利です。

まず、ターミナルなどのコマンド入出力端末を起動し、解凍したフォルダまで移動してください。ここでは例として、下記の場所に設置したとします。

/usr/local/bin/rinearn/rinearn_processor _4_*_*/
(4_*_*の箇所はバージョン)

そして、以下のようにコマンド入力してください。

chmod +x rinearnprocessor

最後に、ユーザーのホームディレクトリにある、「.bashrc(隠しファイル)」または「.bash_profile」もしくは「.profile」(どのファイルが有効かはオペレーティングシステムによって異なります)をテキストエディタで開き、最終行に下記の一行を追記してください。(4_*_*の箇所はバージョン)

export PATH=$PATH:/usr/local/bin/rinearn/ rinearn_processor _4_*_*/

これで作業は完了です。再起動後、コマンド入力端末のどこからでもrinearnprocessorコマンドが使用可能となっています。なお、コマンド名を短くしたい場合は、設置フォルダ内にあるrinearnprocessorというファイルの名前を短く変更してください。



スポンサーリンク


スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

Vnanoのソースコードと開発リポジトリをGitHubで公開
2018年09月30日 - 現在開発中の、ソフトウェア上でのスクリプト処理用途に向けた小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano 」のソースコード&リポジトリを公開しました。ビルド・使用方法や、現状の段階と今後などを解説します。

リニアングラフ3D&2D Ver.5.6 リリース! Java言語のプログラムからも制御可能に
2018年08月19日 - 約5年ぶりの大きなバージョンアップを迎えた、新しいリニアングラフ Ver.5.6の特徴をご紹介します。UIがリファインされ、Java言語でグラフ描画ライブラリとして使う事も可能になりました。

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

コードアーカイブ新着
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
2018年11月14日
配列を2Dグラフにアニメーションプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
2018年11月13日
配列を3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
2018年11月12日
ファイルを3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
2018年11月11日
連番画像をアニメーション再生する簡易ツール

フォルダ内の連番画像ファイルを、動画への変換不要で、そのままアニメーションとして再生できる簡易ツールです。
2018年09月04日
公式Twitterアカウント

スポンサーリンク