[ 前へ | 目次 | 次へ ]
Japanese English

画面の操作方法

画面の操作方法

※ご利用の環境により、ボタンやフォントのデザイン等が、上図と多少異なる場合がございます。

メニューバー

画面上部のメニューバーから、座標値ファイルを開いたり、プロットオプションの指定等の各種設定を行います。 詳しくは次の「 各メニュー機能解説 」で解説します。

ディメンションバー

画面左に並ぶ3本のディメンションバーで、それぞれグラフのX、Y、Z 各方向の長さを設定できます。 主にZ 方向への扁平率を調整するのに使用します。

グラフ画面

画面中央のグラフ画面にグラフが描画されます。このエリアではマウス操作により、視点変更や拡大・縮小等を行えます。

クイック設定セレクタ

画面右上のクイック設定セレクタで、設定をすぐに切り替える事ができます。 設定の追加は、セレクタから「設定の追加」を選ぶと行えます。 追加した設定は「 RinearnGraph3DQuickSetting 」フォルダ内に保存されますので、バージョン更新後に引き継ぎたい場合はコピーしてください。

右クリックメニューを活用しましょう!

グラフ画面においてマウスの右ボタンをクリックすると、右クリックメニューが表示されます。 右クリックメニューには、他のソフトと連携した作業において便利な機能をまとめてあります。 右クリックメニューを積極的に活用する事で、資料作成を格段にスムーズに行う事ができます。

画像のコピー / Copy Image
画像をコピーし、別のソフトウェアにそのまま貼り付ける事が可能です。
データの貼り付け / Paste Data
別のソフトウェアで選択コピーした数列データを、ファイルを作る事無く、 そのままプロットする事が可能です。 「表計算ソフトなどでプロットしたい範囲を選択コピーし、 リニアングラフに貼り付けてグラフ化する」といった使い方が可能です。


スポンサーリンク



Japanese English
スポンサーリンク

この階層の目次
新しいお知らせ

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

シンプル&コンパクトなプログラム関数電卓! 「 リニアンプロセッサー nano 」の概要
2019年01月26日 - RINEARNでは現在、プログラム関数電卓ソフト「 リニアンプロセッサー 」の派生版として、シンプル&コンパクトな方向性を目指した「 リニアンプロセッサー nano 」を開発中です。その概要をご紹介します。

コードアーカイブ新着
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月20日
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月19日
公式Twitterアカウント

スポンサーリンク