[ 前へ | 目次 | 次へ ]
Japanese English

はじめに - ソフトの概要と導入方法

RINPn ってどんな電卓?

RINPn(りんぷん)は、「 シンプル & コンパクト 」な方向性を目指した、小さな電卓ソフトです。

でも、その画面の小ささの割に、中身は意外とパワフルです。 RINPn をもう少し細かいカテゴリーに分類すると、かっこ ( ) や数学関数などを用いた式を、そのままの形で書いて計算できる「 関数電卓 」に属します。 加えて、スクリプト(簡易プログラム)によって関数の自作や自動処理などを行える「 プログラマブル電卓 」にも属します。 処理速度面では、最大で数億(数百メガ)〜数十億(数ギガ)回/秒クラスの数値演算が可能で、 一般的なスクリプト言語環境と比べてもそう見劣りしない程度の速さがあります。

そう、小さいのに、意外とパワフルなんです。 クルマで例えるなら、小型軽量で取り回しがいいのにパワフルでキビキビ走る、コンパクトカーのターボ付きモデルのようなものを目指した電卓ソフトです。

※ 最大処理速度を発揮させるには、設定ファイル「 Settings.txt 」内で、最適化レベルの値を最大に設定する必要があります。

商用・非商用問わず無償で利用可能な、
オープンソースでMITライセンス採用のフリーソフト

RINPn は、必要に応じて、ユーザーがソースコード(ソフトの「元」のようなものです)を入手して改造・改良・流用する事なども可能な、 オープンソースのフリーソフトです。実際に、ソースコードリポジトリ https://github.com/RINEARN/rinpn からソースコードを取得/参照できます。

もちろん、そんな面倒な事は考えずに、入手したまま普通のソフトとして使う事もできますし、それも開発側としては大歓迎です !

RINPn のライセンスは、いくつかの有名なライセンスの一つである「 MITライセンス 」を採用しています。 これにより、RINPn は商用・非商用問わず無償で利用できる上に、ソースコード流用時などの諸条件も緩いものとなっています。 詳細については、必要に応じて「 MITライセンス 」などでWeb検索すると、 日本語で解説したページがたくさん出てくると思います。

なお、ライセンス文書そのものは、RINPn の通常版では「 License 」フォルダ内に「 MIT_License.txt 」として同梱されています(内容は英語です)。 ソースコードリポジトリでは直下に「 LICENSE 」というファイル名で同梱されています。

- 免責事項 -

RINPn はどなたでも無償で利用できるソフトウェアですが、動作は完全に無保証です。

RINPn の開発元は、RINPn の利用の結果(不具合や損害などを含む)に関して、 一切の責任および補償等を負担いたしかねます。何卒ご了承ください。

ご使用の前に、上記の点およびMITライセンスの条件に、あらかじめご同意ください。

早速ダウンロードして、使う準備をしてみよう!

RINPn の公式サイトにアクセスし、最新版を入手

このガイドは RINPn の配布パッケージ内にも同梱されているため、この文をお読みの方は既に RINPn を入手済みかもしれません。 一方、RINPn を未入手の場合や、入手したものが少し古い場合などは、公式サイトからいつでも最新版を入手できます:

RINPn 公式サイト(日本語版)
https://www.rinearn.com/ja-jp/rinpn/
RINPn 公式サイト(英語版)
https://www.rinearn.com/en-us/rinpn/

上記ページのすぐ先頭付近にある、「 いますぐダウンロード 」と書かれたボタンのリンク先ページから、 RINPn の配布パッケージ「 rinpn_?_?_?_ja.zip (種類はZIP形式圧縮ファイル、?_?_? の箇所はバージョンの数字) 」をダウンロードできます。

上記でダウンロードされるのは、すぐに使える状態で配布されている「 ビルド済み版 」です。 ソースコードから自力でビルドしたいという場合は、下記リポジトリからご入手ください:
RINPn ソースコード リポジトリ
https://github.com/RINEARN/rinpn
リポジトリを clone 後、READMEの記述の通りにビルドしてください。

配布パッケージは圧縮されているため、まず展開しよう

上でも触れた通り、RINPn の配布パッケージ「 rinpn_?_?_?_ja.zip 」はZIP形式で圧縮されて 1 つのファイルになっているため、 まずは展開しましょう。

上記の通り、RINPn の配布パッケージ「 rinpn_?_?_?_ja.zip 」はZIP形式で圧縮されて 1 つのファイルになっているため、 まずは展開しましょう。

Microsoft® Windows® をご使用の方は、 最初にZIPファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、 プロパティ画面の下にあるセキュリティ項目の「許可する」にチェックを入れて「OK」します。 ( これを行わないと、展開の途中や RINPn の起動時に、警告メッセージが表示されて失敗する場合があります。) その後、ZIPファイルを右クリックして、メニューから「 すべて展開 」や「 ここに展開 」や「 解凍 」などの項目を選択すると展開できます。

Linux® などをご使用の方も、大抵の環境では右クリックメニューから展開できます。

Linux® などで、展開後のファイル名が文字化けしてしまう場合は、コマンドラインで下記のように、文字コードを指定して展開してみてください:

cd 配布パッケージのある場所(パス)
unzip -O cp932 rinpn_?_?_?_ja.zip    (?_?_? はバージョンの数字)

展開が完了すると、同じ場所に、同じ名前の「 rinpn_?_?_?_ja 」というフォルダが作成され、 その中に RINPn のプログラム本体やその他色々なファイル(このガイドも)が入っています。 なお、ZIPファイルを展開しないままダブルクリックしても、一応は中を見る事ができますが、 その状態で RINPn を使おうとすると正しく動作しない可能性があるため、 展開して普通のフォルダになった状態でご使用ください。

展開してできたフォルダを、デスクトップやUSBメモリーなど、使いやすい場所に置いておくだけでOK (インストール不要)

あとは、展開してできたフォルダを、デスクトップ等のどこか使いやすい場所に置いておくと、そのままインストール不要で使えます。 USB メモリー等に入れて、持ち運んで使う事もできます。

具体的な起動方法や使用方法は、次の ステップ 1 (GUIモード)ステップ 2 (CUIモード) で詳しく説明します。

- 本文書内の商標などについて -
  • OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • Linux は、Linus Torvalds 氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、文中に使用されている商標は、その商標を保持する各社の各国における商標または登録商標です。


スポンサーリンク



Japanese English
この階層の目次
新しいお知らせ

RINPn のオープンベータ版をリリース! 詳細な公式ガイドも同梱&公開
2021年03月08日 - 2019年より開発進行中のプログラム関数電卓「 RINPn(りんぷん)」が、正式リリースに向けた最終準備段階として、オープンベータ版へと移行しました。その詳細をお知らせします。

2021年の新年のご挨拶に代えて
2020年12月31日 - 代表が喪中のため、年明け後の新年のご挨拶に代えて、一年間の御礼を申し上げます。2020年は様々な方にお世話になり、本当にありがとうございました。2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

コードアーカイブでVnano製プログラムの配信を開始
2020年12月20日 - ソフト内組み込み用のスクリプトエンジン/言語「 Vnano 」のサンプルコードやコンテンツ充実を兼ねて、Vnano 製プログラムの配信を、コードアーカイブにて開始しました。概要と初回配信リストをご紹介します。

コードアーカイブ新着
Vnano版 | ローレンツ方程式を数値的に解くプログラム

ローレンツ方程式を4次ルンゲ=クッタ法によって解き、グラフ描画用のデータを出力するプログラムです。
2021年02月12日
Vnano版 | 積分値のグラフ描画用データを出力するプログラム

数値的に積分を行い、結果の関数をグラフに描くためのデータを出力するコードです。
2020年12月20日
Vnano版 | 積分値を求めるプログラム (数値積分)

矩形法/台形法/シンプソン法を用いて、積分の値を数値的に求めるコードです。
2020年12月20日
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
公式Twitterアカウント