テクノロジ

ここでは、言語処理系や描画ライブラリなどの基盤環境を公開しています。

RINEARNでは、ソフトウェアと同様に「障壁の無い解析環境」を理念に、プラットフォームに依存せずどこでも利用可能な基盤環境を目指して、 データ処理や可視化などのための技術を開発しています。

プログラミング言語 VCSSL

VCSSL は、ちょっとした計算処理やデータの可視化などに便利な、C言語系の簡易プログラミング言語です。

2D & 3D描画処理やグラフプロットなどを標準でサポートしつつも、 各種デスクトップOSに対応・インストール不要で動作し、実行環境ごとUSBメモリーで持ち運んで利用する事もできます。

比較的ライトな用途を想定したインタープリタ式の言語ですが、毎秒1億回(100 MFLOPS)程度の演算速度を発揮可能で、それなりの計算量の用途もこなせます。

| 詳細ページ | ダウンロード |

RINEARN-X

RINEARN-X は、RINEARN でのソフト開発に使用している、内製の3D描画ライブラリです。 もともとは リニアングラフ3D の描画エンジンから派生したもので、 現在は VCSSL3DCG機能 の下層レイヤーなどに採用しています。

RINEARN-X は、2009年頃に外部への一般公開を行ったものの、 その後の公開バージョンおよびドキュメントの更新やメンテナンスは、現在停止中となっています。

これはVCSSLの開発に伴って大幅な改修を行ったためで、 将来的には、再び一般公開に向けたバージョンおよびドキュメントの再整備を計画しています。

| 詳細ページ( ※ 古い情報です。あらかじめご了承ください。 ) |

その他

先行開発版はこちら

VCSSLの実行環境などでは、開発途中の次期バージョンや、特定の機能を試験的に実装したバージョンなどを、先行開発版として試験公開する場合があります。 詳細はリンク先ページをご参照ください。



スポンサーリンク


スポンサーリンク

インデックス

お知らせ( Twitter )