INFO - インフォメーション

ここでは、RINEARNに関する基本情報、ソフトウェアの開発&リリース情報、および各種お知らせ等を掲載しています。

沿革


ここでは、現在までのRINEARN(およびその前身)の沿革を掲載しています。

2001年

  • Javaアプレットによるブラウザゲームなどを公開する小規模サイトを開設

2006年

  • 上記サイトをリニューアル、2Dグラフ描画ライブラリなどを公開するサイトを開設

2007年

  • 物理学の解説サイト「物理館」を開設、上記サイトの内容をソフト開発コーナーとして統合
  • ソフトウェアレンダラー式の軽量3D描画エンジン「Mikan3D」を開発
  • 上記描画エンジンを使用して、Webページ上で動作する3次元グラフソフト「物理館グラフ3D」を開発(後のRINEARN Graph 3D)
  • 物理館グラフ3Dのデータファイル読み込み処理を流用し、同じくWebページ上で動作する2次元グラフソフト「物理館グラフ2D」を開発(後のRINEARN Graph 2D)

2008年

  • 独立ウィンドウを備え、Web上だけでなくダウンロードしてローカルでも使用可能とした「物理館グラフ2D/3D 2.0」をリリース

2009年

  • 物理館からソフト開発コーナーを分離し、数値解析ソフトを開発・公開するサイト「PINSET」を開設、さらに独自ドメイン化に伴い「 RINEARN 」に名称変更
  • 物理館グラフ2D/3Dを「RINEARN Graph 2D/3D」に名称変更
  • Mikan3Dを機能拡張した3D描画エンジン「RINEARN-X」を開発(後のVCSSL処理系の内蔵3D描画エンジンに採用)
  • RINEARN Graph 2D/3D 3.0をリリース

2010年

  • RINEARN Graph 2D/3D 4.0 をリリース
  • 関数電卓ソフト「RINEARN Processor」を開発、Ver.1.0をリリース
  • RINEARN Processor 1.0 が「 ベクター ソフトニュース 」様(Webメディア)に掲載
  • RINEARN Processor 1.0 が「 月刊Mr.PC 」様(雑誌)に掲載
  • RINEARN Graph 2D/3D 5.0をリリース

2011年

  • RINEARN Processor用の機能として、プログラミング言語 VCSSL 及び処理系を開発
  • RINEARN Processor 2.0をリリース / 内容はVCSSLエンジン搭載やGUI大幅見直し、処理速度 1 KFLOPSから 3.2 MFLOPS への高速化など
  • RINEARN Processor 3.0をリリース / 内容はGUI大幅見直し、処理速度 3.2 MFLOPS から 15 MFLOPS への高速化など
  • RINEARN Processor 3.0 が「 月刊Mr.PC 」様(雑誌)に掲載
  • RINEARN Processor から独立し、単体で動作する VCSSL 1.0 をリリース
  • RINEARN Processor 3.0 が「 フリーソフトの殿堂 」様(ムック誌)に掲載
  • VCSSL 2.0 をリリース / 内容は2D/3DグラフィックスやGUI制御のサポート、処理速度 100 MFLOPSへの高速化など
  • 各種アルゴリズムのVCSSLによるサンプル実装と解説記事を掲載するサイト「RINEAR CODE」を開設(後のVCSSLコードアーカイブ)

2012年

  • RINEARN Processor 4.0 をリリース / 内容はVCSSL2.0対応やUI見直しなど
  • VCSSL記述によるVCSSL準標準ライブラリ「 OpenVCSSL Library 」を開発開始(後にVCSSL3.4から標準ライブラリ内に統合)
  • VCSSL 3.0 をリリース / 内容は構造体のサポートやライブラリ拡張など
  • RINEARN Processor 4.1 をリリース / 内容はVCSSL3.0対応やGUIの小規模改修など

2013年

  • VCSSL 3.1 をリリース / 内容は複素演算やジェネリクスのサポートなど
  • VCSSL 3.2 をリリース / 内容はライブラリ拡張など
  • RINEARN Processor 4.2 をリリース / 内容はVCSSL3.2対応や、タッチスクリーンを考慮したGUI改修など
  • RINEARN Graph 2D 5.4 および同 3D 5.5 をリリース / 内容はタッチスクリーンを考慮したGUIメニュー部大型化など
  • VCSSL 3.3 をリリース / 内容はライブラリ拡張など
  • VCSSLの処理速度が150MFLOPS前後で飽和してきたため、将来的な仮想マシン方式への移行を想定し、レジスタマシンの試作検証などを開始(後の Vnano のVM層で採用)

2014年

  • RINEARN Graph 3D 5.5 が「 ベクター ソフトニュース 」様(Webメディア)に掲載
  • 管理人(現:代表)多忙のためその他はほぼ活動休止

2015年

  • VCSSLのサブセットとして、アプリケーション組み込み用途に絞った、コンパイラ+仮想マシン方式の小型スクリプトエンジン「 Vnano 」の開発を部分的に開始(未公開時点の仮名称は MicroVCSSL)
  • 管理人(現:代表)多忙のためその他はほぼ活動休止

2016年

  • 後半より少しずつ活動再開
  • RINEARN Graph 3D の各機能や描画エンジン処理を、Java言語で記述したプログラムから制御するためのAPIを試験サポートした、先行開発版を公開(後の5.6で導入)

2017年

  • VCSSL 3.4 をリリース / 内容はライブラリ拡張や階層整理、および中間コンパイラの小規模改修による起動高速化など
  • VCSSLの公式サイトのリニューアルを開始、RINEARN公式サイト内にあったVCSSLカテゴリーの内容を統合して一本化(RINEARN CODEも「 VCSSLコードアーカイブ 」へ名称変更して統合)
  • RINEARN公式サイトのリニューアルを開始
  • Vnano の開発を本格化し、スクリプト実行可能な状態に (処理速度:約 100 MFLOPS)

2018年

2019年


※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


この階層の目次
新しいお知らせ

リニアングラフ3DのVCSSL用APIにカメラ制御関数を追加、回転アニメーションツールも同梱
2019年10月09日 - RINEARNでは10月9日にソフトウェアの最新版をリリースしました。VCSSLのAPI関数の追加や、リニアングラフ3Dのアニメーションツールの追加など行っています。その概要をお知らせします。

小型関数電卓 RINPn(旧称リニアンプロセッサー nano)の公式ページを開設
2019年10月02日 - 現在オープンソースで開発中の、「シンプル&コンパクト」を目指した小型プログラマブル関数電卓ソフト「 RINPn 」の公式ページが、RINEARNサイト内にオープンしました。その概要をお知らせします。

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

コードアーカイブ新着
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
公式Twitterアカウント