INFO - インフォメーション

ここでは、RINEARNに関する基本情報、ソフトウェアの開発&リリース情報、および各種お知らせ等を掲載しています。

沿革


ここでは、現在までのRINEARN(およびその前身)の沿革を掲載しています。

2001年

  • Javaアプレットによるブラウザゲームなどを公開する小規模サイトを開設

2006年

  • 上記サイトをリニューアル、2Dグラフ描画ライブラリなどを公開するサイトを開設

2007年

  • 物理解説サイト「物理館」を開設、上記サイトの内容をソフト開発コーナーとして統合
  • ソフトウェアレンダラー式の軽量3D描画エンジン「Mikan3D」を開発
  • 上記描画エンジンを使用して、Webページ上で動作する3次元グラフソフト「物理館グラフ3D」を開発(後のRINEARN Graph 3D)
  • 物理館グラフ3Dのデータファイル読み込み処理を流用し、同じくWebページ上で動作する2次元グラフソフト「物理館グラフ2D」を開発(後のRINEARN Graph 2D)

2008年

  • 独立ウィンドウを備え、Web上だけでなくダウンロードしてローカルでも使用可能とした「物理館グラフ2D/3D 2.0」をリリース

2009年

  • 物理館からソフト開発コーナーを分離し、数値解析ソフトを開発・公開するサイト「PINSET」を開設、さらに独自ドメイン化に伴い「 RINEARN 」に名称変更
  • 物理館グラフ2D/3Dを「RINEARN Graph 2D/3D」に名称変更
  • Mikan3Dを機能拡張した3D描画エンジン「RINEARN-X」を開発(後のVCSSL処理系の内蔵3D描画エンジンに採用)
  • RINEARN Graph 2D/3D 3.0をリリース

2010年

  • RINEARN Graph 2D/3D 4.0 をリリース
  • 関数電卓ソフト「RINEARN Processor」を開発、Ver.1.0をリリース
  • RINEARN Processor 1.0 が「 ベクター ソフトニュース 」様(Webメディア)に掲載
  • RINEARN Processor 1.0 が「 月刊Mr.PC 」様(雑誌)に掲載
  • RINEARN Graph 2D/3D 5.0をリリース

2011年

  • RINEARN Processor用の機能として、プログラミング言語 VCSSL 及び処理系を開発
  • RINEARN Processor 2.0をリリース / 内容はVCSSLエンジン搭載やGUI大幅見直し、処理速度 1 KFLOPSから 3.2 MFLOPS への高速化など
  • RINEARN Processor 3.0をリリース / 内容はGUI大幅見直し、処理速度 3.2 MFLOPS から 15 MFLOPS への高速化など
  • RINEARN Processor 3.0 が「 月刊Mr.PC 」様(雑誌)に掲載
  • RINEARN Processor から独立し、単体で動作する VCSSL 1.0 をリリース
  • RINEARN Processor 3.0 が「 フリーソフトの殿堂 」様(ムック誌)に掲載
  • VCSSL 2.0 をリリース / 内容は2D/3DグラフィックスやGUI制御のサポート、処理速度 100 MFLOPSへの高速化など
  • 各種アルゴリズムのVCSSLによるサンプル実装と解説記事を掲載するサイト「RINEAR CODE」を開設(後のVCSSLコードアーカイブ)

2012年

  • RINEARN Processor 4.0 をリリース / 内容はVCSSL2.0対応やUI見直しなど
  • VCSSL記述によるVCSSL準標準ライブラリ「 OpenVCSSL Library 」を開発開始(後にVCSSL3.4から標準ライブラリ内に統合)
  • VCSSL 3.0 をリリース / 内容は構造体のサポートやライブラリ拡張など
  • RINEARN Processor 4.1 をリリース / 内容はVCSSL3.0対応やGUIの小規模改修など

2013年

  • VCSSL 3.1 をリリース / 内容は複素演算やジェネリクスのサポートなど
  • VCSSL 3.2 をリリース / 内容はライブラリ拡張など
  • RINEARN Processor 4.2 をリリース / 内容はVCSSL3.2対応や、タッチスクリーンを考慮したGUI改修など
  • RINEARN Graph 3D 5.5 をリリース / 内容はタッチスクリーンを考慮したGUIメニュー部大型化など
  • RINEARN Graph 2D 5.4 をリリース / 内容はタッチスクリーンを考慮したGUIメニュー部大型化など
  • VCSSL 3.3 をリリース / 内容はライブラリ拡張など

2014年

  • RINEARN Graph 3D 5.5 が「 ベクター ソフトニュース 」様(Webメディア)に掲載
  • 多忙(博士課程)のためほぼ活動休止

2015年

  • 多忙(博士課程)のためほぼ活動休止

2016年

  • 後半より少しずつ活動再開
  • RINEARN Graph 3D の各機能や描画エンジン処理を、Java言語で記述したプログラムから制御するためのAPIを試験サポートした、先行開発版を公開(後の5.6で導入)

2017年

  • VCSSL 3.4 をリリース / 内容はライブラリ拡張や階層整理、および中間コンパイラの小規模改修による起動高速化など
  • VCSSLの公式サイトのリニューアルを開始、RINEARN公式サイト内にあったVCSSLカテゴリーの内容を統合して一本化(RINEARN CODEも「 VCSSLコードアーカイブ 」へ名称変更して統合)
  • RINEARN公式サイトのリニューアルを開始
  • VCSSLのサブセットとして、ソフトウェア上に搭載してスクリプト処理機能を提供するための小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano 」の開発を開始

2018年

  • RINEARN & VCSSL 公式サイトのリニューアル完了 / 内容はレスポンシブデザインの採用やサイト全体HTTPS化、カテゴリーの再整理、その他デザイン改修など
  • Javaアプレット廃止への流れに伴い、RINEARN Graph 2D/3D オンライン版の代替として、公式ページのリンクからすぐにJARファイルを起動して使える「 簡易利用版 」を提供開始
  • Vnano のコンセプトを発表
  • RINEARN Graph 3D 5.6 をリリース / 内容はUIのリファイン、およびJava言語からの制御用APIの正式サポートなど
  • RINEARN Graph 2D 5.6 をリリース / 内容はUIのリファイン、およびJava言語からの制御用APIの正式サポートなど
  • Vnano のソースコード含む開発リポジトリをGitHub上で公開

この階層の目次
新しいお知らせ

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

シンプル&コンパクトなプログラム関数電卓! 「 リニアンプロセッサー nano 」の概要
2019年01月26日 - RINEARNでは現在、プログラム関数電卓ソフト「 リニアンプロセッサー 」の派生版として、シンプル&コンパクトな方向性を目指した「 リニアンプロセッサー nano 」を開発中です。その概要をご紹介します。

コードアーカイブ新着
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月20日
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月19日
公式Twitterアカウント