INFO - インフォメーション

ここでは、RINEARNに関する基本情報、ソフトウェアの開発&リリース情報、および各種お知らせ等を掲載しています。

RINEARN について

RINEARNは、主にデータ解析や可視化、計算処理、その他各種ソフトウェアの開発やウェブサイトの運営などを行っている、個人運営の開発スタジオです。

代表

松井 文宏   [ 応用情報技術者, 博士(理学) ]

事業形態および屋号

個人事業 / RINEARN (リニアン)

事業概要

ソフトウェアの開発やカスタマイズ、サポート、およびウェブササイトの運営などを行っています。

事業理念

「 障壁の無い解析環境 」を理念の一つとして、OSの種類やバージョン等を気にせず、誰でも/いつでも/どこでも手軽に導入できて、いつまでも変わらず使い続けられるソフトウェアや技術等の開発を目指しています。

所在地

京都府京都市 (詳細はお問合せくださいませ。)

お問合せ先

» こちらのお問合せページへどうぞ

沿革

RINEARNは、2009年にフリーソフト配布サイトとして開設し、その後数年を経て事業化しました。 » 詳細

雑誌・メディア等掲載歴

  • ベクターソフトニュース 様(2010年6月10日, Webメディア)
  • 月刊Mr.PC 2010年 9月号 様(2010年7月24日, 雑誌)
  • 月刊Mr.PC 2011年 6月号 様(2011年4月24日, 雑誌)
  • フリーソフトの殿堂 様(2011年7月15日, ムック誌)
  • ベクターソフトニュース 様(2014年7月30日, Webメディア)

お知らせ

ソフトウェアの開発・更新情報や、その他RINEARNに関する様々な情報をお知らせします。プログラミング言語VCSSL & Vnanoに関するお知らせもこちらで行っています。 » お知らせ 一覧

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

シンプル&コンパクトなプログラム関数電卓! 「 リニアンプロセッサー nano 」の概要
2019年01月26日 - RINEARNでは現在、プログラム関数電卓ソフト「 リニアンプロセッサー 」の派生版として、シンプル&コンパクトな方向性を目指した「 リニアンプロセッサー nano 」を開発中です。その概要をご紹介します。

Vnanoのソースコードと開発リポジトリをGitHubで公開
2018年09月30日 - 現在開発中の、ソフトウェア上でのスクリプト処理用途に向けた小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano 」のソースコード&リポジトリを公開しました。ビルド・使用方法や、現状の段階と今後などを解説します。

リニアングラフ3D&2D Ver.5.6 リリース! Java言語のプログラムからも制御可能に
2018年08月19日 - 約5年ぶりの大きなバージョンアップを迎えた、新しいリニアングラフ Ver.5.6の特徴をご紹介します。UIがリファインされ、Java言語でグラフ描画ライブラリとして使う事も可能になりました。

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

オープンソースの小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano (VCSSL-nano) 」のコンセプト
2018年06月02日 - RINEARNでは現在、 ソフトウェア上に搭載してスクリプト処理機能を提供するための、小型・軽量のスクリプトエンジン「 Vnano 」の開発が進行中です。オープンソースで2018年内公開を見込んでいます。

ここが変わった! サイト改修完了のお知らせ
2018年05月12日 - 2017-2018年にかけて実施したサイト改修の内容をお伝えします。レスポンシブ化やHTTPS化、VCSSL関連カテゴリーの整理、リニアングラフ3D簡易利用版の公開に加えて、一部コンテンツの英訳も開始しました。

» お知らせ一覧
※: OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

この階層の目次
新しいお知らせ

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

コードアーカイブ新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
公式Twitterアカウント