RINEARN Graph3D  5.6 New!

※ 過去バージョンはこちら

Japanese English

RINEARN Graph 3D ユーザーガイド

ここでは、Webページ上でリニアングラフ3Dの使用方法をご覧いただけます。 PDFファイル版は、ダウンロードパッケージの中に同梱されています。あわせてご利用ください。

目次


はじめに
リニアングラフ3Dの概要を解説します。

起動・プロット方法
リニアングラフ3Dには、複数の起動方法があります。ここではそれらを例を挙げて解説します。

画面の操作方法
マウス操作やメニューの位置など、基本となる操作を解説します。

各メニュー機能解説
リニアングラフ3Dには、たくさんの機能が搭載されています。それらを一つづつ順を追って解説します。

座標値ファイル書式
リニアングラフ3Dで読み込めるファイルの書式を解説しています。

数式文法
リニアングラフ3Dには、数式をグラフ化する機能が搭載されています。ここでは数式の文法を解説します。

VCSSLによる制御・自動処理
リニアングラフ3Dは、プログラミング言語VCSSLから制御する事ができます。ここでは基本的な制御例を解説します。

Java言語での制御・自動処理と直接的な3D描画
Ver.5.6から新たに可能になった、Java言語のコードから制御して3Dグラフをプロットさせたり、3D図形を描画させたりする方法を解説します。

Japanese English
この階層の目次
新しいお知らせ

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

シンプル&コンパクトなプログラム関数電卓! 「 リニアンプロセッサー nano 」の概要
2019年01月26日 - RINEARNでは現在、プログラム関数電卓ソフト「 リニアンプロセッサー 」の派生版として、シンプル&コンパクトな方向性を目指した「 リニアンプロセッサー nano 」を開発中です。その概要をご紹介します。

コードアーカイブ新着
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月20日
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月19日
公式Twitterアカウント