RINEARN Graph2D  5.6

※ 過去バージョンはこちら

RINEARN Graph 2D ユーザーガイド

ここでは、Webページ上でリニアングラフ2Dの使用方法をご覧いただけます。 PDFファイル版は、ダウンロードパッケージの中に同梱されています。あわせてご利用ください。

目次


はじめに
リニアングラフ2Dの概要を解説します。

起動・プロット方法
リニアングラフ2Dには、複数の起動方法があります。ここではそれらを例を挙げて解説します。

画面の操作方法
マウス操作やメニューの位置など、基本となる操作を解説します。

各メニュー機能解説
リニアングラフ2Dの各機能を、一つづつ順を追って解説します。

座標値ファイル書式
リニアングラフ2Dで読み込めるファイルの書式を解説しています。

数式のグラフ描画
リニアングラフ2Dには、数式をグラフ化する機能が搭載されています。その使用方法を解説します。

アニメーション
リニアングラフ2Dで、グラフをアニメーション描画する方法を解説します。

VCSSLによる制御・自動処理
リニアングラフ3Dは、プログラミング言語VCSSLから制御する事ができます。その方法と、基本的な制御例などを解説します。

Java言語による制御・自動処理
Ver.5.6から新たに可能になった、Java言語のコードから制御して3Dグラフをプロットさせたり、3D図形を描画させたりする方法を解説します。

この階層の目次
新しいお知らせ

2021年の新年のご挨拶に代えて
2020年12月31日 - 代表が喪中のため、年明け後の新年のご挨拶に代えて、一年間の御礼を申し上げます。2020年は様々な方にお世話になり、本当にありがとうございました。2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

コードアーカイブでVnano製プログラムの配信を開始
2020年12月20日 - ソフト内組み込み用のスクリプトエンジン/言語「 Vnano 」のサンプルコードやコンテンツ充実を兼ねて、Vnano 製プログラムの配信を、コードアーカイブにて開始しました。概要と初回配信リストをご紹介します。

リニアングラフ3DやVCSSLなどの各ソフトウェア最新版をリリース
2020年09月21日 - 諸事情によりお知らせが遅くなってしまいましたが、RINEARNでは先月(8月)中旬に、リニアングラフ3DやVCSSLなど、各ソフトウェアの最新版をリリースしました。主な更新内容をリストアップしてお知らせいたします。

コードアーカイブ新着
Vnano対応 | 積分値のグラフ描画用データを出力するプログラム

数値的に積分を行い、結果の関数をグラフに描くためのデータを出力するコードです。
2020年12月20日
Vnano対応 | 積分値を求めるプログラム (数値積分)

矩形法/台形法/シンプソン法を用いて、積分の値を数値的に求めるコードです。
2020年12月20日
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
公式Twitterアカウント